So-net無料ブログ作成

玉村警部補の災難 / 海堂尊 [本のこと。]


玉村警部補の災難 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

玉村警部補の災難 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/06/04
  • メディア: 文庫


いつになったら、次の文庫が出てくれるんだろうと、けっこう待ってました。
これです。
玉村・加納コンビで長編の桜宮サーガの途中の時期をつないでいく様々なエピソードが、やっぱり楽しいです。
なんとなく、ワードとしてはあちこちで登場していた気がする「青空迷宮」って、こんなエピソードだったんだ・・・ていうのがいちばん意外でした。やはりついて、螺鈿とか、その辺りとの関連を想像してて、もっと陰鬱でどろどろのものをイメージしてたんですが、よく考えたら、青空でしたね、舞台が。ある種の密室ミステリーだから、他より一層、これはエンターテイメント寄りでした。

あと数冊、まだ文庫化が実現していない作品があります。
またしてもこれをあっという間に読み終えてしまったんですが、たぶんすぐ次は出ないでしょうから、仕方なく「ケルベロスの肖像」を読み直しております。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。