So-net無料ブログ作成

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド / 村上春樹 [本のこと。]


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/04/08
  • メディア: ペーパーバック



世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻 (新潮文庫 む 5-5)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻 (新潮文庫 む 5-5)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/04/08
  • メディア: ペーパーバック


確か、4月の途中で読了してました。いや、まだ3月だったかも・・・・。
けっこう色々読み終えていたので、すでにこの辺りの記憶が曖昧です。

春樹氏の長編小説も、「羊をめぐる冒険」でひとつ、まず最初の盛り上がりと達成感を味わったんですが、ここで新たに登場した世界観と2つの物語が並行して語られる、その後につながるスタイルの登場です。
ある種、SF的な舞台設定も新鮮でした。
そこで語られる物語は、やはり心の在りようのことなので、様々な場面で描かれている風景だったり、人物の語る台詞であったり、そしてまた象徴的な暗闇の世界であったり、なんだか一気に圧倒的な熱量と、それとは対照的に静謐でおだやかな幻想の風景が、改めて読み直してみて、すごく心惹かれるものでした。

これで続いては長編小説としては「ノルウェイの森」になるんですが、一旦「蛍・納屋を焼く・その他の短編」にいきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。