So-net無料ブログ作成

もういちど村上春樹にご用心 / 内田樹 [本のこと。]


もういちど村上春樹にご用心 (文春文庫)

もういちど村上春樹にご用心 (文春文庫)

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/12/04
  • メディア: 文庫


書店で平積みになっているのを発見、ぱらぱらとめくって、これはすぐにでも読んでみたいと思い、購入しました。
もともとは新刊で出ていたものに、新たな記事を追加して文庫化され、村上春樹氏の小説著作に限らず、翻訳に関しても考察された項目があって、すごく参考になりました。
ついこの直前に「ロング・グッドバイ」を読了したばかりで、大いに刺激を受けました。
その中の指摘、「ロング・グッドバイ」と「羊をめぐる冒険」の関連性を確かめたくなり、改めて村上春樹氏の初期の小説を文庫でまとめて数冊、買い込んで順に読み直してみようと思い立ちました。
自分が最初に春樹氏の小説と出会ったのが、確か大学を出て勤め始めて間もない頃、まだ20代でした。

村上春樹全作品 1979~1989〈1〉 風の歌を聴け;1973年のピンボール

村上春樹全作品 1979~1989〈1〉 風の歌を聴け;1973年のピンボール

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1990/05/18
  • メディア: 単行本


これです。

内田樹氏のこの文庫にある様々な考察は、一通り自分なりに読んできた村上春樹作品に、もういちど触れて再度味わってみたくなるたくさんのヒントがあって、有難かったです。
記事は順次、更新していく予定ですが、この文庫と、現在読んでいる村上作品を常に携帯しながら日々を過ごしております。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。