So-net無料ブログ作成

「LUCY」 [cinema]

8/29(金)に観てきました。
2014年もほぼ鑑賞は日本映画に偏っていたんですが、これはなんとなく興味が湧いて、選んでみました。

リュック・ベッソンの過去の作品も、自分はそれほどしっかり追いかけている訳ではなく、「レオン」や「グラン・ブルー」くらいしか観てきていませんでした。
その程度の記憶ではあるんですが、この作品の扱っているテーマは興味深くて、エンターテイメントとして自分には堪能できました。
滞在先の台北で、偶然マフィアの闇取引に巻き込まれ、それが結果的に脳の飛躍的覚醒につながって・・・で、なんかちょっと例としては古いんですが大友克洋監督の「AKIRA」みたいな展開になっていくのを、ここでは実写で表現していきます(もちろんその描写はCGもプラスしてますが)。
ヒトの脳の機能が通常稼働している10%から20%、30%と拡大されていった場合、起こりうる事態は推測でしかないんですが、その入り口には現実の脳科学分野での裏付けもベースとしてはあって、あとはリュック・ベッソンの描く空想のドラマへと加速していくとき、観ていてついリアリティも感じて惹きこまれていきました。
たまたま読んでいる養老孟司氏の「自分の壁」という新書に、脳の機能が一部損傷することで、自己の境界を失った人の話があって、そのエピソードの類似に驚いていました。
主人公の名に“LUCY”と付けられている意味も、後半明かされるし、ちょっと「ツリー・オブ・ライフ」みたいな太古の世界を描く描写もあったりして、その辺りの知識も面白かったんですが、このキャラクターを演じたスカーレット・ヨハンソンのいまだにちょっと幼さが残る顔立ちと、後半脳の覚醒によって感情を徐々に失っていく虚ろな表情がやはりよかったです。
その分野の権威として描かれる脳科学者ノーマン博士を演じるモーガン・フリーマンの重厚な存在感もさすがだったんですが、この二人の関係性についてはアクション優先で仕方ないのかもしれませんがもうちょっと尺を割いてしっかり描いてほしかったなぁと思います(単純にモーガン・フリーマンをもっと観たかったんですが)。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。