So-net無料ブログ作成

ケルベロスの肖像 / 海堂尊 [本のこと。]


【映画化原作】ケルベロスの肖像 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

【映画化原作】ケルベロスの肖像 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/01/09
  • メディア: 文庫


先週火曜にこの作品の文庫化に気づき、水曜に読み始め、日曜1/19に読了しました。
“映画化原作”というのは、ちょっと驚きです。
田口・白鳥シリーズは先に映画化作品としては2本ありますが、今回はTVドラマ化されたものから映画へとつながる予定で、なので、こんな不思議なタイミングで「螺鈿迷宮」を放映しています。
TVシリーズは映画化の2作品のほか、「アリアドネの弾丸」もあったんですが、なんだか配役に惹かれなかったんでこれまで観てきませんでした。どこかでずっと気にはなっていたものの。
今回、螺鈿はひとまず第1話を観たんですが、あまりに原作と離れてしまっている設定にかなり戸惑い、正直ついていけませんでした。柳葉さんが銀獅子・巌雄先生って・・・・。

とまあ、そんなことはともかく。
田口センセイの物語が様々なエピソードを巻き込みながら、ここに完結したのはやはり感慨深かったです。
ボーナストラックのその後のお話も、「極北ラプソディ」を読んだばかりだったからまた楽しめたし、この直後に来るエピソードがその前に文庫化された「モルフェウスの領域」.につながっていくからそこもすんなり楽しめたし、桜宮サーガの一つ大きな幕が閉じた印象です。
まだ文庫化が2月、3月と続く予定のようなので、待ち遠しいです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。