So-net無料ブログ作成

「終戦のエンペラー」 [cinema]


終戦のエンペラー [DVD]

終戦のエンペラー [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD


8/4(日)に観てきました。
夏の盛りのこの時期、特に猛暑が忘れられない2013年ですが、こういう傾向の作品を選んで観ておきたくなります。
意外なことでもないのかもしれませんが、これは日本映画ではなかった作品で、太平洋戦争敗戦後のマッカーサーに特命を依頼されたボナー・フェラーズ准将の視点で描かれるハリウッド映画でした。
マッカーサー元帥役はトミー・リー・ジョーンズでこれがまた、イメージぴったりではまってました。
あと、この配役も妙にはまってて納得だったんですが、東條英機役の火野正平さん、ほんのちょっとしか登場しませんが、印象深かったです。
ボナー・フェラーズ准将と日本人女性・アヤとのエピソードは映画のための脚色ではありますが、この重厚な物語のもう一つの軸としてしっかり描かれていて、彼の視点で眺める日本は、こうした女性の存在によって理解も深まっていることは間違いないし、ここで語られるような純愛の関係ではなかったとしても、そうした親しい間柄の日本人が居たと仮定した上でマッカーサーからの特命があったとして、現在のこの歴史があったとしたら、とか勝手に想像するのはなかなか楽しいです。
そして、マッカーサーと昭和天皇とのあのショッキングな一葉の写真。
この作品は、観ておけてよかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。