So-net無料ブログ作成

「ボクたちの交換日記」 [cinema]


ボクたちの交換日記 [DVD]

ボクたちの交換日記 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


3/31(日)に観てきました。
内村光良監督作品は今回が初鑑賞です。

以下、ネタバレも含みますので。



若手のお笑いコンビとして伊藤淳史くん、小出恵介くんがチャレンジしてて、誰かの模倣じゃなくオリジナルの存在として演じるって、結構ハードルが高いはずで、そこはさすがに内村監督でもあり、でも当人たちは観客がびっしり入った現場でガチでネタだなんて、たぶん出来ることなら逃げたいぐらいの状況だったんじゃないでしょうか。
同じような状況が「なくもんか」でも描かれてましたが、内村監督にとってもむしろそこはプレッシャーもあっただろうと思います。
そこが狙いではないとしても、結果ドキュメンタリー的な要素になっちゃうんで、自分は特にそこのネタ見せの場面が印象深かったです。カンニング竹山氏も本人役で登場っていう、逆にちょっと照れくさいんじゃないかという立ち位置もおかしかったです。
原作は未読なんでその比較はできませんが、物語そのものは熱いストレートな青春群像というテイストで、内容を細かく知らなかったんで、コメディというよりそのドラマ性のむき出しの部分で何も構えずに観ていたので、後半はやられちゃいました。
これは観ておけてよかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。