So-net無料ブログ作成

「しあわせのパン」 [cinema]


しあわせのパン [DVD]

しあわせのパン [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


2/12(日)に観てきました。
この日は先に「キツツキと雨」を観て、これとハシゴしてます。
監督・脚本はこれが長編映画作品デビューとなる三島有紀子氏です。
内容と配役やキャラクターの描き方、独特のゆったりめのテンポから、この作品も「かもめ食堂」からの流れのひとつで企画されたものと勝手に勘違いしてました。
実際は違うきっかけから製作されてて、でも、やはりどこか似たムードです。
北海道、洞爺湖のほとりの月浦という町の片隅のパン屋さんが食堂もあり宿泊施設も兼ねている風変わりな店構えで、若い二人がこじんまりと営むこのカフェの空間、そこで巻き起こるエピソードが、導入で描かれる絵本「月とマーニ」の世界とどこかつながっている気配がして、ファンタジックな感触です。
演じる若い夫婦の水縞くん=大泉洋さんとりえさん=原田知世さんの柔らかくてリラックスした雰囲気の表情が魅力的です。冬にはかなり雪深い土地柄で、かなり過酷な自然の中で暮らしながらも超然とした雰囲気、ご近所でカフェの常連として登場するあがた森魚さん演じる阿部さんのイーハトーヴの住人のようなキャラクターとか、あわあわとした情感で四季折々の風景とカフェを訪れる人々のちょっと切ない物語が紡がれていって、ラストにこの脚本の発端でもある矢野顕子+忌野清志郎の「ひとつだけ」な流れると、ついつい映像のほんわかとしたムードに後押しされてぼろぼろになってしまいました。

しあわせのパン (ポプラ文庫)

しあわせのパン (ポプラ文庫)

  • 作者: 三島 有紀子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2011/12/06
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

non_0101

こんにちは。
本当にほんわかした雰囲気の作品でしたね。
「月とマーニ」いいですよね~
大きな絵本で読んでみたいです☆
by non_0101 (2012-10-26 08:51) 

cs

nonさん、niceとコメントどうもありがとうございます。
こういうほっとできるような作品が、時々届けられるのって嬉しいですよね。
この作品は絵本「月とマーニ」と主題歌「ひとつだけ」に言いたいことの半分以上が含まれているみたいで、その世界をつなぐためにあの月浦のカフェがあり、そこに集まる人々の暮らしが描かれているみたいな感覚があります。
自分もこういう作品がやっぱり大好きです。
by cs (2012-10-27 11:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。