So-net無料ブログ作成

「ツレがうつになりまして。」 [cinema]


ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション [DVD]

ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD


10/16(日)に観てきました。まだ2011年の記事が追いついていません。

映画作品で特に日本映画に関しては、だいたい自分がどういう傾向のものが好きなのかはもう十分、知り尽くしているので、この作品を予告編で知り、間違いなく自分がハマるものだと確信できました。

主演の堺雅人さんは「日輪の遺産」に続く佐々部清監督作品ですが、作品のテイストもキャラクターも全く違うものなのに、全然違和感ありません。
今回のキャラクターは、堺さんが演じてきた過去の役柄からいうと比較的近いかなと思えるのは「ゴールデンスランバー」の青柳くんのような、ごく普通の市井の人。そのありふれた小市民の姿の中にその人なりのちょっとした特徴を付加するのが本当に得意な感じです。今回は、気づけばうつに診断されちゃう旦那さん、毎日自分が会社で食べるお弁当用のチーズを曜日ごとにきっちり分けて全部冷蔵庫に準備してあるシーンとか(それを取り出して弁当箱に詰める一連の作業がついつい顔がほころぶくらい実に楽しそうだったりして)、細かい日常のことにこだわりがある一方で平気なところは無頓着でいられるツレのキャラクターがなんだかほほえましくて、うつで苦しんでいる状態にもふとユーモラスな感じがありました。現実にはもっともっとシャレにならない状況だったりもするはずだし、命の危険も幾度となく感じたりする体験をしているはずですが、彼のあぶなっかしくも放っておけなくなる感じは実際の緊張感を中和して緩衝してくれる様子で、これは奥さんであるハルさんのアバウトさとの絶妙の相性もあるんでしょう。原作のツレ氏と貂々さんのカップルの相性もどこか共通してるんだろうなと思えます(脚本上、色々と細かな設定は部分的に変更されているようではありました)。
そのハルさんを演じた宮﨑あおいさん、この奥さんの伸び伸びとしたキュートさは本当に見ていてほっこりします。“ハルさん”というキャラクターの呼び名が、偶然「神様のカルテ」と一致していますがこれは制作サイドが異なっているので意図はないはずなんですが、両方の作品を観ているといい意味で演じたあおいさんの素の部分の魅力が重なっていて補完してくれている感覚がありました。こちらの作品でのハルさんは、結構人としてずぼらだったりダメダメなところもあるんですが、髪の毛ぼさぼさで八つ当たりしてたりしても、この家に居てくれることの大事さが伝わってきます。ツレも彼女の不完全さを必要としているし、彼女もツレのこんだけ弱ってても曲げないところにある種の尊敬もある、お互いをありのままで受け入れている関係が素敵でした。
この作品では夫の発症という出来事がひとつ大きなきっかけですが、おそらく二人のように一緒に暮らしていく中での様々な困難は色々な形で起こりうる出来事は訳で、ここで描かれていることは人と人とのつながりの中できっと普遍性がある、共感できるテーマだなぁと思えました。

鑑賞後、書店で探して原作を読んで改めてほっこり、でした。

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 細川 貂々
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

non_0101

こんばんは。
素敵な作品でしたね~
主人公二人のキャラクターが何とも自然で楽しかったです。
そうそう、今年は宮﨑あおいさんが二人のハルさんを演じているのですよね。
名前は一緒なのに性格は全く違う二人のハルさんを、どちらもキャラクターにぴったりに演じていて、さすがだなと思いました☆
by non_0101 (2012-01-21 23:07) 

cs

non_0101 さん、niceとコメントどうもありがとうございます。
ほんとにそうです。
「神様のカルテ」のハルさんは“出来たヨメ”そのものというか、しっかりものの感じだったんですが、こっちのハルさんの憎めないキャラクターがなんとも愛らしいんですよね。いずれにしても宮﨑あおいさん本人のほとんど化粧っ気のない素の感じそのものが魅力になってる気がします。
堺雅人さんとのコンビも、将軍家と現代の若いカップルでは共通点も全然ないんだけどどちらもぴったりな息の合った関係が素敵でした。
次にどんな作品でどんな役を演じるんだろうと、楽しみです。
by cs (2012-01-22 10:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。