So-net無料ブログ作成

鹿男あをによし / 万城目学 [本のこと。]


鹿男あをによし (幻冬舎文庫)

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/04
  • メディア: 文庫


デビュー作「鴨川ホルモー」に続き、万城目学氏の作品を。
実はこの作品と一緒に、「ホルモー六景」も買っちゃいました。
この作品もすでにTVドラマ化されていましたが、そちらは一切観ていないまま、読み進めました。
今回の舞台は奈良、とある女子高が舞台で、ある意味ではデビュー作同様、青春活劇(でもちょっと奇天烈)なので、なんだか続きを読んでいる感覚ですんなり読めました。
前作より広げてる法螺の風呂敷がスケールでかいです。
点と点が繋がって、まさかそんな部分で伏線があったとは、と後半は一気に楽しい展開に。
荒唐無稽な世界観では前作に軍配かもしれませんが、情けなくも共感できる主人公のキャラクターは今回の方が輪郭がはっきりしてた気がしました。
大好きでした、これ。
タグ:万城目学
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。