So-net無料ブログ作成

鴨川ホルモー / 万城目学 [本のこと。]


鴨川ホルモー (角川文庫)

鴨川ホルモー (角川文庫)

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/02/25
  • メディア: 文庫


映画化された「プリンセス・トヨトミ」を観て、それがきっかけで、前からずっと気になっていた万城目学さんのこの小説を読み始めました。これもすでに映画化されている作品ですが、そちらはまだ映画は観ていません。
文庫を購入して、8/18(木)に読了しました。
ある程度は予想通りでもあるんですが、かなり面白くて一気に読み進めました。
意外にも、爆笑必至という内容ではなく、まあ大法螺ではあるんですが、京大生のありふれた(?)青春群像というテイストです。まあ、そこに奇天烈な設定があるからこそユニークなんですが。
なんだか、キャラクターの妙な個性ということでは海堂尊氏の小説とも通じるような感じで、こういう人物像が生き生きしてる小説はやっぱり読んでいて単純に愉しいです。
それにしても、現代京都を舞台にして陰陽道がネタになって、こんな不思議な状況で、誰もが共感できるような青春の1ページって、どうしてこれが成立しているのかほんと不思議です。
とりあえず、これを読んだら確実に京都には行ってみたくなりました。
続けて「鹿男」に行こうと思ったんですが、ついその世界観の魅力に負けて、順序を曲げてスピンオフ連作集「ホルモー六景」を読み始めてしまいました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。