So-net無料ブログ作成

上原ひろみ サマーレインの彼方 / 文・神舘和典、写真・白土恭子 [本のこと。]


上原ひろみ サマーレインの彼方 (幻冬舎文庫)

上原ひろみ サマーレインの彼方 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 神舘 和典
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 文庫


5/15(日)に読了しました。
ピアニスト上原ひろみさんの名は、グラミー賞受賞により一気に知れ渡った訳ですが、この文庫はその直前の時期に、更に単行本はもっと以前に出版されていました。
本編としては、彼女の3rdアルバム「SPIRAL」のレコーディングに向かう2005年の上半期からフジロックフェスへの参加までをドキュメントで、才能溢れる“天才ピアニスト”と簡単に片づけられるようなものではない日々の格闘と全身で音楽を奏でるパフォーマンスの生の迫力を血の通った息遣いとともに伝えてくれる内容で、文庫には2008年、2009年の活動に至るまで加筆されていて、彼女の足跡をしっかりたどれる形になっているのがありがたかったです。
本当に上原ひろみさんという人は、その技術よりも何よりも単純に人としての魅力にあふれるキャラクターなんだなぁと改めて思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。