So-net無料ブログ作成

「ヒアアフター」 [cinema]


ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]

ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

本当にすっかり記事の更新が滞ってしまっていました。
連休になり、やっと一息つけましたので、少しずつ再開していかないと。

この作品は2/20(日)に観てきました。
クリント・イーストウッド監督の新作が公開になる度、期待を込めて必ず観るようになっている訳ですが、こういうスピリチュアルなテイストの作品が登場するとはちょっと意外でした。
主演は前作「インビクタス」に引き続いてマット・デイモンなんですが、前作のタフなアスリート(でも理性的な思慮深さを備えている)から一転、自らの存在を呪いさえする心に深い傷を負った人物像。その彼に最後に訪れる救済はある意味ではハリウッド的な展開の王道ともいえるもので、それをイーストウッドが演出しているのがちょっとびっくり(でも納得の結末)です。彼が出会う二人の人物、ロンドン在住のマーカス少年とパリ在住のマリーの身に起こった出来事は、2011年3月11日を過ぎてから見えてくるものが違ってきています。ピーター・モーガンが脚本で描こうとしていた世界はあくまで個人的な視点から耐え難い悲劇に向き合う人の生の姿そのもので、だからこそ結末はロマンチックではなくもっと本能的な繋がりを求めるものとして描かれているようにも思えました。
やはり、観ておけてよかったです。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 2

non_0101

こんにちは。
出だしの津波のシーンのリアルさに圧倒されました~
それぞれのエピソードは哀しかったですけど、
救いのあるラストにほっとしました☆
by non_0101 (2011-05-03 20:53) 

cs

nonさん、こちらにもniceとコメントをありがとうございます。
冒頭の津波のシークエンスは、さすがスピルバーグ監修という感じで、あまりにリアルでスクリーンで味わうだけでも十分に恐ろしかったです。これが現実に起こってしまった上では言葉にできないほど違った複雑な感情が湧き上がってきて止められません。
だからこそ、こういう結末が用意されていることの意味は大きいんじゃないかと思えます。
by cs (2011-05-03 23:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。