So-net無料ブログ作成

「エリックを探して」 [cinema]


エリックを探して [DVD]

エリックを探して [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


1/16(日)に観てきました。
この前に観たのがハリウッドど真ん中のエンターテイメント作品でしたが、続いて外国映画、今度はイギリス映画です。
2009年も2010年もあまりに日本映画ばかりに偏った鑑賞でもあったんで、今年はなるべく気になる作品はどんどん観ていこうと。
ケン・ローチ監督の作品は、「麦の穂を揺らす風」や「この自由な世界で」などこれまでも気になる作品が幾つもあるんですが観てこなかったままでいます。
一つの理由としては、日本で公開されるのが単館上映がほとんどになってしまい、こまめにチェックしていないと見逃すパターンになりがちでした。今回、この作品は行きつけのシネプレックス幕張で上映してくれるので、気軽に観に行くことができて、しっかり堪能してきました。

さえない主人公エリック・ビショップを演じるスティーヴ・エヴェッツという俳優さんを観たことがこれまでありませんでした。実際、ほとんど日本では目にする機会もなかったようなんですが、この大抜擢の後、「ロビン・フッド」へのオファーがあったというのをパンフを読んで知りました。彼のいい具合にくたびれた感じは素のままにも思えて、その人物像がなんとも隙だらけでかわいらしいです。年齢としてはだいぶ違いますが、ハリー・ディーン・スタントンみたいな雰囲気です。そしてこのトラブル続きの冴えないおっさんの前に不意に登場するのがもうひとりのエリック。本人役のエリック・カントナですが、そもそも彼がこの企画を持ち込んで成立している映画ということで、それを知らされていなかったスティーヴ・エヴェッツとの出会いのシーンのリアルなあたふた具合がおかしかったです。
英国ではサッカーというよりフットボール、その競技そのものへの愛着がやっぱり独特なんだろうなぁと思います。
そしてクライマックスの「カントナ作戦」。
サッカーとは無関係に思えなくもないんですが、声あげて笑ってしまいました。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

minku〜♪

ケン・ローチ監督の作品は好きなので観に行く予定だったのに、
あっと言う間に上映期間(多分2週間位)が終わってしまって、
その前までやってた作品が戻って来てました(その作品が人気有り過ぎたんでしょうね。。。^^;)
毎回重いテーマがあるケン・ローチ監督の作品ですが、
今回は「初めてのハッピーエンド」がキャッチフレーズになってたので
興味津々だったんですけど^^;


by minku〜♪ (2011-02-12 18:13) 

cs

minku〜♪ さん、こっちにもコメントありがとうございます。
自分は観ていないため比較ができませんが、この作品はこれまでのケン・ローチ監督の作風から随分違うようで、ウィットいっぱいの軽やかなタッチでした。
監督自身もサッカー・ファンで、エリック・カントナにしてもケン・ローチ監督に撮って欲しかったようで相思相愛で制作されてるみたいです。
じんわり笑えるオフビート感がよかったです。
by cs (2011-02-13 02:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。