So-net無料ブログ作成

グーグーだって猫である 3 / 大島弓子 [マンガのこと]


グーグーだって猫である3 (角川文庫)

グーグーだって猫である3 (角川文庫)

  • 作者: 大島 弓子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: 文庫


文庫本を読む箸休めみたいにして、ゆっくりペースで読み進めています。
3巻目を読み終えました。
100ページを少し超える程度のボリュームだし、たとえば「ゴールデンスランバー」の文字数とは比較のしようもないものなんですが、不思議と同じくらいの時間をかけてることになりました。
2巻目で人生の大晦日を無事に過ごし、新たな生活を始めたオーシマさん、ねこたちの数もどんどん増えてます。
その中で、新居の購入&お引越しが今回の大きな出来事。
#74:地縛霊
とか、大島さんならではの発想がほんと面白いし、にんまりしちゃいます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。