So-net無料ブログ作成

「ふたたび SWING ME AGAIN」 [cinema]


ふたたび SWING ME AGAIN コレクターズ・エディション [DVD]

ふたたび SWING ME AGAIN コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


12/5(日)に観てきました。
この作品と「ゲゲゲの女房」のハシゴです。

主演の祖父と孫コンビ、財津一郎さんと鈴木亮平くんの年齢差約50歳の二人のロードムービーって、なんだかちょっと「春との旅」みたいで、気になりました。
鈴木亮平くん、ちょっと前にTVドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」で主演の成宮くんの親友役で出演してたのを観てましたが、映画のスクリーンで彼を観るのは初です。キャリアはまだこれから、期待の新人というポジションでの大抜擢なんですが、この彼の飄々としててちょっとやんちゃそうな雰囲気はなかなかよかったです。今回の貴島大翔役はぴったりで、財津一郎さんと一緒に旅をする姿が妙にしっくりきました。大学でジャズをやってて、無愛想なんだけど意外にいいやつだったりして。
そして頑固者のおじいちゃん、財津一郎さんの眉間にしわ寄せて、にこりともしないキャラクター、これがまた味わいがあって最高でした。
この二人がトランペット演奏を介して触れあうという設定がよかったです。そして貴島健三郎=財津一郎にはハンセン症患者という重い背景があって、社会から不当で理不尽な扱いを受けていながらも長い年月を経てしっかりとした家族の絆を結んでいく展開、その言葉にできない複雑な心情を解き放ってくれるのがクライマックスのジャズ演奏でした。
貴島が訪ね歩いて再開するかつてのメンバーは、軽く50年の歳月を飛び越えて、青年の表情で実に楽しそうに演奏をしているんですが、ベースで犬塚弘さん登場ってなると、市川準監督の「会社物語」につながりますね。
特別出演の"SONE"オーナーも、最高の笑顔とつややかなサックスが嬉しいサプライズでした。
こういう、音楽が物語の大きな柱になっている作品のよさは何度味わってもいいです。
物語の中でも重要な配役だったMINJIさんの歌うエンディング曲もよかったです。
この作品は観ておけて本当によかったです。

映画 ふたたび オリジナルサウンドトラック

映画 ふたたび オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: Dreamusic
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: CD


音楽が素敵だったので、観終えてすぐにサントラ、探しました。
沁みます。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

日本インターネット映画大賞

突然で申しわけありません。

現在,2010年の映画ベストテンを選ぶ企画
「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票締切は1/20(木)。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。

なお、twitterも開設しましたのでフォロー頂ければ最新情報等配信する予定です。
http://twitter.com/movieawards_jp
by 日本インターネット映画大賞 (2010-12-26 15:47) 

cs

了解しました。
コメントどうもありがとうございます。

では、お誘いいただいたので、2010年もインターネット映画大賞、投票参加させてもらいたいと思います。
あともう何本か、まだ12月のうちに観ておきたい作品もあるので、候補作品の検討は年明けにゆっくりしたいと思います。
by cs (2010-12-26 22:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。