So-net無料ブログ作成

アメリカ映画ジャンル別BEST10 AFI's 10 TOP 10 /NHK-BS2 [Watching TV:films]

BS2で放映があったこの映像作品、気になって録画しておきました。
AFI:アメリカ映画協会選出のものなんですが、ひとまず覚え書きとして、こちらに記事に残しておきます。
これを参考に、この先自分が見逃した作品などを選ぶ際の資料にしたいと思います。

-アニメーション作品 / ANIMATION-
10.ファインディング・ニモ / FINDING NEMO (2003)
09.シンデレラ / CINDERELLA (1950)
08.シュレック / SHREK (2001)
07.美女と野獣 / BEAUTY AND THE BEAST (1991)
06.トイ・ストーリー / TOY STORY (1995)
05.ファンタジア / FANTASIA (1940)
04.ライオン・キング / THE LION KING (1994)
03.バンビ / BANBI (1942)
02.ピノキオ / PINOCCHIO (1940)
01.白雪姫 / SNOW WHITE AND THE SEVEN DWARFS (1937)

-ファンタジー作品 / FANTASY-
10.ビッグ / BIG (1988)
09.バグダッドの盗賊 / THE THIEF OF BAGDAD (1924)
08.恋はデジャ・ブ / GROUNDHOG DAY (1993)
07.ハーヴェイ / HARVEY (1950)
06.フィールド・オブ・ドリームス / FIELD OF DREAMS (1989)
05.三十四丁目の奇蹟 / MIRACLE ON 34TH STREET (1947)
04.キング・コング / KING KONG (1933)
03.素晴らしき哉、人生! / IT'S A WONDERFUL LIFE (1946)
02.ロード・オブ・ザ・リング / THE LORD OF THE RINGS (2001)
01.オズの魔法使い / THE WIZARD OF OZ (1939)

- SF作品 / sci-fi-
10.バック・トゥ・ザ・フューチャー / BACK TO THE FUTURE (1985)
09.ボディ・スナッチャー 恐怖の街 / INVASION OF THE BODY SNATCHERS (1956)
08.ターミネーター2 / TERMINATOR 2:JUDGEMENT DAY (1991)
07.エイリアン / ALIEN (1979)
06.ブレードランナー / BLADE RUNNER (1982)
05.地球の静止する日 / THE DAY THE EARTH STOOD STILL (1951)
04.時計じかけのオレンジ / A CLOCKWORK ORANGE (1971)
03.E.T. / E.T. -THE EXTRA-TERRESTRIAL- (1982)
02.スター・ウォーズ / STAR WARS:EPISODE Ⅳ -A NEW HOPE- (1977)
01.2001年宇宙の旅 / 2001:A SPACE ODDYSSEY (1967)

-スポーツ映画 / SPORTS MOVIE-
10.ザ・エージェント / JERRY MAGUIRE (1996)
09.緑園の天使 / NATIONAL VELVET (1944)
08.ヤング・ゼネレーション / BREAKING AWAY (1979)
07.ボールズ・ボールズ / CADDYSHACK (1980)
06.ハスラー / THE HUSTLER (1961)
05.さよならゲーム / BULL DURHAM (1988)
04.勝利への旅立ち / HOOSTERS (1986)
03.打撃王 / THE PRIDE OF THE YANKEES (1942)
02.ロッキー / ROCKY (1976)
01.レイジング・ブル / RASING BULL (1980)

-西部劇 / WESTERN-
10.キャット・バルー / CAT BALLOU (1965)
09.駅馬車 / STAGECOACH (1939)
08.ギャンブラー / McCABE & MRS. MILLER (1971)
07.明日に向って撃て! / BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID (1969)
06.ワイルド・バンチ / THE WILD BUNCH (1969)
05.赤い河 / RED RIVER (1948)
04.許されざる者 / UNFORGIVEN (1992)
03.シェーン / SHANE (1953)
02.真昼の決闘 / HIGH NOON (1952)
01.探索者 / THE SEARCHERS (1956)

-ギャング映画 / GANGSTER-
10.スカーフェイス / SCARFACE (1983)
09.犯罪王リコ / LITTLE CAESAR (1931)
08.民衆の敵 / THE PUBLIC ENEMY (1931)
07.パルプ・フィクション / PULP FICTION (1994)
06.暗黒外の顔役 / SCARFACE: THE SHAME OF A NATION (1932)
05.俺たちに明日はない / BONNIE AND CLYDE (1967)
04.白熱 / WHITE HEAT (1949)
03.ゴッドファーザー PARTⅡ / THE GODFATHER PARTⅡ (1974)
02.グッドフェローズ / GOODFELLAS (1990)
01.ゴッドファーザー / THE GODFATHER (1970)

-ミステリー / Mystery-
10.ユージュアル・サスペクツ / THE USUAL SUSPECTS (1995)
09.ダイヤルMを廻せ! / DIAL M FOR MURDER (1954)
08.ブルーベルベット / BLUE VELVET (1986)
07.北北西に進路を取れ / NORTH BY NORTHWEST (1959)
06.マルタの鷹 / THE MALTESE FALCON (1941)
05.第三の男 / THE THIRD MAN (1949)
04.ローラ殺人事件 / LAURA (1944)
03.裏窓 / REAR WINDOW (1954)
02.チャイナタウン / CHINATOWN (1974)
01.めまい / VERTIGO (1958)

-ロマンティック・コメディー / Romantic Comedy-
10.めぐり逢えたら / SLEEPLESS IN SEATLE (1993)
09.ハロルドとモード 少年は虹を渡る / HAROLD AND MAUDE (1971)
08.月の輝く夜に / MOONSTRUCK (1987)
07.アダム氏とマダム / ADAM'S RIB (1949)
06.恋人たちの予感 / WHEN HARRY MET SALLY (1989)
05.フィラデルフィア物語 / THE PHILADELPHIA STORY (1940)
04.ローマの休日 / ROMAN HOLIDAY (1953)
03.或る夜の出来事 / IT HAPPENED ONE NIGHT (1934)
02.アニー・ホール / ANNIE HALL (1977)
01.街の灯 / CITY LIGHTS (1931)

-法廷ドラマ / Courtroom Drama-
10.ニュールンベルグ裁判 / JUDGEMENT AT NUREMBERG (1961)
09.A Cry in the Dark (1988)
08.冷血 / IN COLD BLOOD (1967)
07.或る殺人 / ANATOMY OF A MURDER (1959)
06.情婦 / WITNESS FOR THE PROSECUTION (1957)
05.ア・フュー・グッドメン / A FEW GOOD MEN (1992)
04.評決 / THE VERDICT (1982)
03.クレイマー、クレイマー / KRAMER VS. KRAMER (1979)
02.十二人の怒れる男 / 12 ANGRY MEN (1957)
01.アラバマ物語 / TO KILL A MOCKINGBIRD (1962)

-歴史ドラマ / Epic-
10.十戒 / THE TEN COMMANDMENTS (1956)
09.レッズ / REDS (1981)
08.プライベート・ライアン / SAVING PRIVATE RYAN (1998)
07.西部戦線異状なし / ALL QUIET ON THE WESTERN FRONT (1930)
06.タイタニック / TITANIC (1997)
05.スパルタカス / SPARTACUS (1960)
04.風と共に去りぬ / GONE WITH THE WIND (1939)
03.シンドラーのリスト / SCHINDLER'S LIST (1993)
02.ベン・ハー / BEN-HUR (1959)
01.アラビアのロレンス / LAWRENCE IN ARABIA (1962)

かなり年代ものの作品が数多くランクインしてます。
それがアメリカ映画の文化的な財産となる歴史でもあり、栄光の軌跡でもあるわけで、
やはり圧倒されます。
日本だって100年に及ぶ活動写真の歴史もあるわけですが、その文化的な意義を正しく知り継承していこうという姿勢は残念ながら国内よりも海外の方が実は強いんじゃないかと思えるふしが在ったりもして、ちょっと情けないです。
自分もまだまだ不勉強なんですが、少しずつ学んでいこうと思います。
そのテキストとして、この本 ↓ を見つけて、読み始めました。

知っておきたい映画監督100 日本映画編

知っておきたい映画監督100 日本映画編

  • 作者: キネマ旬報社・編
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2009/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。