So-net無料ブログ作成

「東京島」 [cinema]


東京島 [DVD]

東京島 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


8/31(火)に鑑賞してきました。
主演は木村多江さん。
これまでの出演作では、まず観たことが無いであろう配役の今回は、まずそれだけで観ておきたくなりました。
原作の桐野夏生さんの小説で以前映画化された「OUT」は観ていましたし、今回の作品もやはり女性ならではの視点で描かれたものだなぁと改めて思いましたが、木村さんもこういう役を演じる楽しさって、存分にあるんだろうなというのが伝わってきました。
かなり極端な状況設定なんで、単純にギャグに見えてしまうやりとりがあちこちにあるんですが、それが逆に人の業のようなものを戯画化して見せられているようでもあり、その表情ってむしろリアルなんじゃないかと感じるような場面が多かったです。木村さん演じる清子の天敵・ワタナベを演じた窪塚くん、こういう組織からはみ出したキャラクターって、ほんとぴったりです。何かと対立している清子とワタナベは、意外にその人物像に分かちがたい共通の根幹があるようにも思いました。
冒頭、ほんのちょっとしか登場しない鶴見唇吾さん、物語上、確かにそういう役回りなんだから仕方ないんですが、もっと観たかったです。
エンドロールで流れるSuperflyの
♪ (You Make Me Feel Like) A Natural Woman 、
このゆったりとした揺れ具合が心地よかったです。

東京島 (新潮文庫)

東京島 (新潮文庫)

  • 作者: 桐野 夏生
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/04/24
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 4

non_0101

こんばんは。
時々コミカルさを残しつつも、極限に落ちた心境にドキドキさせられました。
木村多江さん、さすがの演技でしたね~
女性の強さを感じる作品でしたね。
ある意味、とても素直なキャラクターなので
ちょっと共感できるなあと思いながら観ていました☆
by non_0101 (2010-09-20 21:00) 

cs

nonさん、こちらにも続けてのniceとコメントありがとうございました。
木村多江さん、こういう役柄でなんだかのびのび見えてちょっと意外でもあったんですが、観終えると納得の堂々たる存在感でしたね。
彼女が演じることで共感できるっていう部分もあるんじゃないかなと思えたりもします。
by cs (2010-09-21 00:01) 

みっちゃん

こんばんは。
やっぱり映画みたくなりました。
忙しくてなかなか時間が取れないのですが、何とか色々みたいと思ってます!
これからもいっぱいいい作品公開されますよね!
嬉しいけど困った!
by みっちゃん (2010-09-23 00:10) 

cs

みっちゃんさん、niceとコメントどうもありがとうございます。
ブログを拝見させてもらっていると、かなりアクティブに過ごされているみたいですけど、秋ですから、映画もいいですよね(まだ暑さが続くとちょっとうんざりですけど、さすがに少し涼しくなりそうです)。
観に行く作品がみっちゃんさんとほぼかぶるんで、またお邪魔してコメントさせてもらいたいです。
by cs (2010-09-23 13:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。