So-net無料ブログ作成

「カラフル」 [cinema]


カラフル [DVD]

カラフル [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD


8/21(土)に鑑賞してきました。
この夏休み期間のアニメといえば、まずは「アリエッティ」なんですが、先にこっちを観ておきたくなって優先しました。
原恵一監督の作品は、自分はこれが初めてです。
原作の森絵都さんについても、「風に買いあがるビニールシート」も含め、ちょっと気になる存在だったんですがまだ読んだことがありませんでした。
「カラフル」は1999年出版なので、もう結構時間が経っての映画化です。
冒頭、ダークトーンの映像が、なんだか「ワンダフルライフ」みたいな印象で、それだけでもうちょっと個人的には惹きこまれてしまいましたが、この独特の空間は最初のシーンのみ。
ホームステイ先の現世に場面が移ってからは、ごくリアルな風景が丁寧なタッチで描かれてて、その中で起こる出来事の日常的であるからこそなかなかシビアな状況、これが結構ずっしりきました。
大げさに盛り上げることは無いまま淡々と展開していくんですが、ある意味でこれが思春期ど真ん中ってことですね。
主人公の“ぼく”にとって世界がなんだか透明な膜を隔ててそこに在るような感覚って、こういうことなんだという映像表現で見事に伝わりました。
麻生久美子さんも宮﨑あおいさんも、今回が声優は初挑戦だったみたいですが、キャラクターにぴったりのイメージでよかったです。
主題歌と挿入歌は2010年3月にデビューしたてのこの時点で若干二十歳であるmiwaさんが担当だったんですが、
♪青空 /THE BLUE HEARTS
♪僕が僕であるために / 尾崎豊
というカバー曲だったのは原監督の好み(もしくは狙い?)なのか、自分にはこの作品の気分がよく伝わってくる選曲でやられました。

カラフル (文春文庫)

カラフル (文春文庫)

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/09/04
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

てくてく

こんにちは^^
観た方の感想は良いものが多いみたいですね。
観たい気もするのですが、
結構ズシっと来そうな気がして躊躇ってます^^

by てくてく (2010-09-04 18:21) 

cs

てくてくさん、niceとコメントどうもありがとうございます。
ある意味では、とにかくリアルな描写だなぁと思うのでずっしりなのかもしれませんが、それでもやはりアニメという表現であることで少し乾いた感じに見えるんじゃないかと思います。
もしご覧になったら、感想をききたいです。
by cs (2010-09-04 23:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。