So-net無料ブログ作成

「グリーン・ゾーン」 [cinema]


グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]

グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray


5/22(土)のハシゴ、2本目です。
ポール・グリーングラス監督の作品はマット・デイモンとのジェイソン・ボーン・シリーズをWOWOW放映で観たんですが、映画館では「ユナイテッド93」以来でした。
あのシリーズで確立したハードなアクション描写がそのまま引き継がれている映像スタイルですが、作品のテーマとしては、こちらの方がつながっている内容です。
自分は特に映画鑑賞後にじっくりパンフを読むのが好きなんですが、ニュースでなんとなく知っていたこの話題も、こういう作品の切り口で改めて知る事実もあって、たとえば作品タイトルであるグリーン・ゾーンという地域はイラクのど真ん中、バグダード市の一等地にあり、この場所を制圧した米国人にとって権力誇示の象徴であって、アメリカという国の論理・価値観で“世界の警察”を標榜するいつもの姿勢が信仰も文化も違う世界でどう見えるのかが改めて感じられるものでした。こんなアイデンティティをもつ国家が実はどれほど迷惑なのか、日本でも現在進行形の課題として感じられるものです。であるからこそ、ラスト近くに市井のイラク人であるフレディがアメリカの軍人ミラーに向かって発する言葉の切実さが際立ってきます。グリーングラス監督のインタビューを読むと、それが監督自身のたどった意識の変化をそのままなぞる形でキャラクターに反映されてて、この物語の2003年当時には考えも出来なかったことであるというのは多くのアメリカ人に当然当てはまる発想なんじゃないかと思うと、こういうメッセージを持つ作品が公開されていくこと自体に逆説的ですがアメリカの文化として大事な部分でもあるなと感じました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。