So-net無料ブログ作成

「Dreams Come True Concert Tour 2009 “ドリしてます?”」 [cinema]

12/18(金)に鑑賞して来ました。
この日、1回のみ上映なのをちょっと前に知り、これを金曜に観るとなると、その日で上映が終わってしまう作品の幾つかは観ておきたいから逆算して先に観なければと、今週はちょっと強行してしまいました。

内容は、同じタイトルで映像作品がDVDでも既にリリースになっているものです。



20周年記念のLIVE映像、会場はさいたまスーパーアリーナーです。
実際にはスクリーンで再現されている映像を眺めているんですが、やはり音響もリアルで、その迫力に圧倒されます。自分はそこまで熱心なドリカムファンとは言えないんですが、アルバムが出ると気になって聴いていて、最近のものに関しては曲も大体知っているものが多いです。シングルでもアルバムの中の曲でも、そのクオリティが変わりないし、スタジオワークとLIVEでもクオリティに差は無いのが当たり前かもしれないけどやっぱり凄いです。贅沢に凝った演出で派手なステージというより、とにかく楽曲勝負で一切妥協しない、その凄みです。
終盤、感極まって見せる吉田美和さんの表情は、それだけプロフェッショナルに徹してて歌もダンスも全力でオーディエンスに楽しんでもらおうと放っている圧倒的なパワーから、いきなり本人も恐らく見せるつもりも無かった素のままの部分がうかがえて、ちょっと不意打ちを食らいました。
ニュースで聞いてることが全てじゃないんだろうけど、いろいろあって、ここに立ってるんだなと、改めて思う瞬間でした。
なお、エンドロールで知ったんですが、この作品の監督は曽利文彦氏でした。
となると、自分は曽利監督作品、「ICHI」以来です。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

minku〜♪

そんな映画があるなんて、初めて知りました!
ドリカム好きだけど、私もLiveは一度しか行ったことがなく、
その一度が、かなり満足いく楽しいLiveだったので、
また行きたいと思いながら・・・
ドリカムだったら行く相手もすぐ見つかりそうなのにね(笑)
来年は、もっとLiveに足を運びたいと思ってます^^
by minku〜♪ (2009-12-24 21:54) 

cs

minku〜♪さん、コメントどうもありがとうございます。
ドリカムのLiveは、自分はBSとかでしか見た事ないんですが(ワンダーランドとか、ああいうのを放映してくれたりしてますよね)、生で聴いたらきっと格別だろうなと思います。徹底的にエンターテイメントしてくれる二人の姿を肌で感じたら、きっと満足度はすごく高いでしょうね。

この作品、ソニーが企画してて、要するに映画作品以外のものを(特にLIVE)映画館のスクリーンで上映するっていう「Livespire」という部署があるようで、その一環でやってたものでした。
半券渡すところで入場者全員に蛍光色に光る丸いやつ(丸くつなげてブレスレットみたいに出来るおもちゃです)を配られて、それでなんか少しテンション上がったりもするし、上演後アンケートがあったり、ちょっとしたことなんだけどLIVEの疑似体験になる感じのものでなんだか珍しかったです。
こちら(いつも出かけるシネプレックス幕張というシネコン)では、この日はアンコール上映ってことで、以前にも同じように1日1回のみ上映がありました。その時にはタイミングが合わずに見逃してます。
かなり特殊な興行形態だろうから、ミニシアター以上にまだ希少なものだと思うんですが、こういう試みはどんどんやっていってほしいです。
by cs (2009-12-24 23:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。