So-net無料ブログ作成

「サイドウェイズ」 [cinema]


サイドウェイズ (特別編) プレミアム版(オリジナル版「サイドウェイ (特別編)」付)〔初回生産限定〕 [DVD]

サイドウェイズ (特別編) プレミアム版(オリジナル版「サイドウェイ (特別編)」付)〔初回生産限定〕 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


11/7(土)にハシゴしてきた作品はこれです。
上映時間を考えて2本観たんですが、先に観た「僕らのワンダフルデイズ」が結構、予想以上にぐっとくる内容だったんですが、こちらはリメイク元を観てて知っているため、これはこれでちょっと不安も半分でした。
ハリウッド作品をリメイクするのに、脚本自体は日本人のキャラクターに翻案してあり、企画制作も日本だけど撮影スタッフはハリウッド。こういうスタイルで撮る映画はこれまではなかったようです。
設定として小日向さん演じる道雄だけが日本から旅行に出向いて、他の三人の日本人はそれぞれ現地に住んでいるという形になっていて、その状況がそのままなんとなく現場の撮影状況に重なってます。
それにしても、まず主演の男性二人、小日向文世さんと生瀬勝久さん、このコンビで登場というのは舞台はともかく、映画では意外にこれまでありませんでした。この二人の掛け合いが何しろ絶妙で、演技者としての表現のアプローチも全く違うし、キャラクターが実に自然でよかったです。
生瀬さんは脚本を最初に渡された時点ではどっちのキャラクターを演じるのか知らなかったけど、承諾したらしいです。結果からいうと、その感じがまた大介の人物造形そのものに反映されてるようにも見えたりします。
オリジナルの二人はやっぱりアメリカ人のキャラクターだから性格的な部分でそのままやろうとしても当然今回のものと一緒にはならないし、その辺の消化・解釈の仕方はさすがにお二人の達者な経験でどうとでもアレンジは出来ることで、そこに無理な要素は全然なかったです。
鈴木京香さんと菊地凛子さんもこれまたキャラクターも佇まいも全く違うし、この作品で二人を見ていると、意外と凛子さんのほうが演技に関してはフラットで柔軟というか肩の力が抜けてて、京香さんのほうは演じているキャラクター・麻有子そのままで結構高いハードルを意識して半ば捨て身で取り組んでいるっていう印象があって、素ではないんだろうけど、この4人それぞれの撮影に臨んでいる姿勢の微妙な立ち位置の違いがアンサンブルのケミストリーに結びついてるように思えました。
それにしても、このロケーション。
ナパヴァレーの雄大な風景とおいしそうなワイン。
それにジェイク・シマブクロの音楽と ♪Time After Time をはじめとする耳に馴染みのある楽曲のふんわりと包み込むような雰囲気がぴったりで、こういう心地よさがある音楽は特に好きでした。

サイドウェイ(特別編) [DVD]

サイドウェイ(特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 4

CORO

ハリウッド版の『サイドウェイズ』は
結婚間近の男友だちの生々しさが苦手でしたが、
日本版は大丈夫そうですね^^
by CORO (2009-11-16 00:15) 

cs

COROさん、niceとコメントどうもありがとうございます。
この作品は、こういうリメイクのアプローチもありなんだっていうひとつの提示の仕方になってて、特に主演の小日向さんと生瀬さんという配役が個人的にはすごく納得でした。
こういう作品が大当たりする必要はないと思うんですが、観ておけてよかったと思う人は確実に居ると思います。
ハリウッド版のあの感じ、同じアレクサンダー・ペイン監督では自分はその前の作品「アバウト・シュミット」の方がやっぱり好きです。「サイドウェイ」も決して嫌いだった作品ではないんですけどね。
by cs (2009-11-16 21:56) 

non_0101

こんにちは。
私もようやく観て来ました!
オリジナルは面白かったのですけど、やっぱりアメリカ人の話なので引き気味に見ていた気が…
でも、今回はそれぞれのキャラクターが良くて感情移入しながら観ていました。
出演者たちの演技も良かったですね~
さすがは役者が揃っているなあと感じました。
素直に観られる作品で、オリジナルよりも好きになりました☆
by non_0101 (2009-12-06 11:50) 

cs

nonさん、niceとコメントどうもありがとうございました。
確かにオリジナルのほうは、面白い脚本ではあるけど、まあちょっとヨソのお話っていう感じでしたが、このリメイクは無理なく翻案してあって、主演の4人のキャラクターもぴったりで、観ててなんだか嬉しくもありました。
味がある俳優さんたちですよね。
ジェイク・シマブクロの心地よいスコアとか、聴き馴染みのある楽曲とか音楽もお気に入りです。
最近、これと「私の中のあなた」のサントラばっかり聴いてます。

by cs (2009-12-09 00:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。