So-net無料ブログ作成

Bob Dylan Newport Folk Festival 1963-1965 / WOWOW [Watching TV:Music]

映画「I'm not there」の放映との関連があって、この記録映画も放映されました。

この映像で見ていると、どうやらディランがまだまだフォーク界では新人の存在に近く、並み居る先輩たちに囲まれつつ憧れの桧舞台に緊張の面持ちで登場するという1963年のステージ。
司会に紹介されて出てくる姿はどこかまだ立ち位置も定まっておらず頼りなげではありますが、歌い始めると一変して確固たる独自の世界の揺るぎなさが漲って実に頼もしく映ります。学生たち、若者たちの熱烈な支持が盛り上がっていく瞬間の記録としての生々しさがあるコンサート映像でした。
1964年は登場の瞬間から熱狂に包まれ、他の歌手が出る順番なのにディラン登場を求められたり、あまりの加熱振りがすごいです。自分も知っている数々のヒット曲もここでは披露されてて、彼自身を取り巻く環境が一気に変わったのがよくわかります。ジョニー・キャッシュも彼の楽曲 ♪Don't Think Twice, It's All Right を演奏したり。ここでのコンサートを契機に、時代を牽引していく立場になっていく渦中の記録になっている気がします。
そして1965年、バンドを従えて披露される ♪Like A Rolling Stone 。
勝手な記憶で、この当時、この曲のスタイルに対して当時のファンから大ブーイングになり一気に拒絶された・・・という思い込みがあったんですが、実際、拒絶している反応は観客の中に見られるんですが、それはあくまで一部であって拍手で迎えている様子もありました。それでもディラン本人はかなりの当惑だったようで、もっと達観してるかのように勝手に想像してたんですがこの辺の当たり前に人間臭い部分を垣間見ることが出来るのも新鮮です。
ずっと時代を経た現在、この当時の出来事を俯瞰で眺めている立場では、どう表層の部分が変わったりしてもディランのユニークな存在感はそのわずか3年で変わるはずもなく、ただ、歌詞の世界を含め次第に深化していく楽曲の変遷が改めて確認できたのが嬉しかったです。
タグ:Bob Dylan
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。