So-net無料ブログ作成

赤毛のアン #1-5 / ANIMAX [Watching TV:others]


赤毛のアン DVDメモリアルボックス

赤毛のアン DVDメモリアルボックス

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD


先週3/2から、この放映が始まりました。
普段家で視聴しているケーブルTVのチャンネルの中で、今回初めて観ることになりました。
時間帯が仕事している途中だったので予約して、週末に一気に観たんですが、大好きだったこのアニメ、実際に放映をしていた当時以来、ずっと観てなかったんで、細かいところをかなり忘れてました。
原作小説は確か、最終回の放映があった後に文庫本を買ってきて読んでいました。

第1章:マシュウ・カスバート驚く
日曜夜の時間帯で、ずっとこういう児童文学シリーズがあったんですが、思春期の物語って、他にあんまり記憶がありません。なので、この作品はなんだか特別で、かなり熱心に観ていました。
基本的な物語の構成は原作小説にある章とほぼ一致していて、各回のタイトルもそれに準じています。
マシュウとアンの出会い、そこには戸惑いがあって、誤解があって、ドラマが始まるこの駅から戻る最初の道すがら、空想によって描かれる幸福に満ちた並木道の美しさが印象的です。
ゆったり流れる時間も、かなり新鮮でした。

第2章:マリラ・カスバート驚く
この2話目も、最初のテンポ同様、かなりゆったりです。
一気に行き違っていた現実を知り、戸惑うアン、マリラ、マシュウですが、1日の出来事で2週に渡って展開していくこの丁寧さがいいです。
この道の途中、実は既にダイアナの名前が登場しているとは思いませんでした。

第3章:グリーンゲイブルズの朝
一夜明けて、絶望から転じて気分一新、グリーンゲイブルズの田舎としての素晴らしさの描写があるんですが、放映当時はこういう日常風景の大事さなんて、全然気づいていませんでした。
行き違いの問題解消のため、グリーンゲイブルズを後にするアンとマリラ、見送るマシュウのそのドラマがやっぱり新鮮で、胸に響きました。

第4章:アン・生立ちを語る
この物語の舞台はカナダのプリンスエドワード島。
そしてグリーンゲイブルズのあるのがアヴォンリーという土地。
このロケーションがしっかり描かれる背景が、今観ると本当に素敵です。
海沿いを馬車で進む二人。
彼方に見えてくる目的地、ホワイトサンド。
こういう美術へのこだわりは、今のジブリとつながるものですが、なんとなく印象は既に違うもので、この技術的にはシンプルだった頃の方が、訴える力がある気がしてなりません。
そして、この回の回想部分、アンの幼い頃の映像って、ほぼ記憶がありません。
もしかして、放映当時、見逃していたのかも。

第5章:マリラ決心する
5回目にして、やっとアンの住まいが落ち着きました。
孤児院からの脱出がやっとこれで出来たことになります。
ごく普通の会話として、大人が子供たちをまるでペットみたいに扱う言葉でやりとりしてる感じが今改めてみるとすごいです。

こうしてアンの生活はグリーンゲイブルズを拠点として、ここから先の物語が楽しみです。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 4

逢坂れっど軍曹

くおいるさん、奇遇ですね!私は先日、小説の赤毛のアンシリーズを読み終えました。アンがクイーン学院を卒業した後も物語が続くとは最近知りました。

いやー、もっと早くに読んでいればよかったです。我が家に20年くらい眠っていた文庫本なのですが、なんとなく興味が持てなくて眠ったままでした。でも、読み始めたらとまらなくなってしまいました。本で泣いたなんて、どれくらいぶりだったでしょう。

先週、最終巻まで読んだのですが、二回目を読み始めました。

アニメもちょっと見たくなって来ました。私、小さいころ、あまり見ていなかったので、この小説がアニメになるとどんな風になるのか知りたいです!ネットで配信してるんですかね。それともレンタルしてるとこがあるかな。
by 逢坂れっど軍曹 (2009-03-09 23:36) 

cs

れっどさん、奇遇ですね。
こういうタイミングでちょうど読んでたなんて。
自分の方は、たまたま放映が始まっただけなんですが。
小説のあの世界観、自分は最初に読んだのはたぶん高校生の頃で、すごく好きでした。
小説の終盤は、胸が熱くなりました。
二度目にまた読み始めたくなる気持ちがよくわかります。
アニメは、DVDはリリースはされてるはずですがレンタルとかで置いてあるかどうか不明です。VHSなら在るかもしれません。場合によっては、なんかダイジェストみたいな中途半端なのしかない可能性もあります。
・・・渡せるものだったら、自分の録画してるこのDVD-Rを全部渡して観てもらいたいくらいです。
監督は高畑勲氏で、構成を宮崎駿氏がサポートしてて、ほんとにうっとりするような素敵な映像ですので。
by cs (2009-03-10 22:38) 

MERRY

赤毛のアンのアニメがあったんですね。
知りませんでした。ということは、年取ってるってことでしょうか?
ああ、見てみたいです。
by MERRY (2009-03-16 13:37) 

cs

MERRYさん、niceとコメントどうもありがとうございます。
もう、随分昔のアニメです。
カルピス名作劇場っていう日曜に同じ時間帯で1年間、放映しているもので、「アルプスの少女ハイジ」とか「母を訪ねて三千里」とか「あらいぐまラスカル」とか毎年1作品やってました。「フランダースの犬」もやってました、そういえば。
その中でアンは、シリーズとしては上に挙げた作品よりちょっと後に放映していたものです。とはいえ、もう30年くらい前のことです。
全部で50話分、先週で月~金までやって、やっと10話まできました。
今改めて観るとかなりおとなしい映像なんですが、品があっていいなぁと思います。
今自分が観ているものはケーブルTVのチャンネルで「ANIMAX」というんですが、DVDソフトとかは出ていますが、50話分揃えるのは大変ですし・・・もしかしたら、レンタルが置いてある場合もあるかもしれません。
いい作品なので、何かの機会にご覧になれたらなぁと思います。
by cs (2009-03-16 22:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。