So-net無料ブログ作成

「ティンカー・ベル(日本語吹替版)」 [cinema]


ティンカー・ベル [DVD]

ティンカー・ベル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD


2009年、元旦の1000円割引を利用して、いつものようにハシゴしてきました。
最初の1本は、初めてのディズニーCGアニメ作品鑑賞です。
これまでにも気になる作品は幾つかあったんですが、今回にしたって自分でも普段の好みの部分とジャンルも違うなと思ったんですが、日本版主題歌を湯川潮音が担当してると聞いて、観てきました。
ラストにエンドロールで彼女の歌声が聴ける作品なら、正月だし、まぁ、いいかと。
・・・・・・・・・案の定、客席で明らかに年齢層というか観に来る感じが違ってて、若干なんとなく緊張気味でした。単なる自意識過剰なんですが。

物語は、ピーターパンからのスピンオフ企画みたいなものなんで、その前提からの部分ですが、やはりある種古典的なおとぎ話の明快な世界観で、もちろんハッピーエンドだし、キュートでシンプルでした。登場するキャラクターが意外にあっさりしてて、個人的にはもうちょっと極端だったりしたほうが面白がれたのになと、その点は少し残念でした。
ティンカーベル誕生から、妖精の世界がカラフルに紹介されて、そこでティンクが自らの個性をわがままじゃない形できちんと発揮できるよう成長を遂げていく・・・その脚本の着地点がまず今回あって、パンフによると、この物語はまだ4部作として続く予定みたいなので、ちょっと先がまだ気になるところです。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

cancan

ははは(笑)
この作品は ごめんなさい きれいな声だったのかな?
曲なんて 覚えていませんが ティンクの声がめっちゃよかった。
劇場に走りこんで(基本 映画館にはギリギリに入ります…)
座って 初日公開上映1回目の席は けっこう埋まっていました。
残り3部 夏 冬 秋 が 楽しみで♡
by cancan (2009-07-19 22:32) 

cs

cancan さん、この作品は、声優さんオリジナルのものでしたか?
自分は「リンダリンダリンダ」という作品で知ったこの湯川潮音という人、ほんとに基本的にそれだけ目当てだったんで、日本語吹替えじゃないと聴けなかったんです。
でも本編も楽しめたんで良かったんですけどね。
こちらも、記憶ではけっこう席は埋まっていたと思います。

by cs (2009-07-19 23:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。