So-net無料ブログ作成

私は私をあとにして / 熊木杏里 [music]


私は私をあとにして

私は私をあとにして

  • アーティスト: 熊木杏里
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: CD


最近、新しいアルバムもリリースになって、CMで使用されてる曲も耳に馴染んで、一気に知名度が上がってる熊木杏里さんの歌声を、自分は偶然WOWOW放映のライブ・イベントで知りました。
映画「バッテリー」の主題歌 ♪ 春の風 は知ってたはずなのに、映画を観たときにはそれほど強く印象に残っていた訳ではなく、様々なアーティストが登場するそのライブ・イベント:Ever Green Music にてスタレビ根本要氏とともにオフコースの ♪君住む街へ を披露している姿に強く惹かれて、このアルバムにたどり着きました。
ちゃんと歌声を聴いて、熊木杏里という人が気になったのはここからでした。

1曲目 ♪新しい私になって も、CMでお馴染みの知っていた曲。
このメロディを改めてじっくり聴いていると、声が柔らかくて耳に心地いい独特の雰囲気なんだけど、メロディがなんだか拓郎さんっぽいのに気づいて、プロフィールを知ってから一層この歌声が好きになりました。
熊木さんのご両親が聴き馴染んでいた世代と丁度自分たちの学生の頃っていうのが一致するのかもしれません。
懐かしいメロディという訳じゃないはずなんだけど、かつてのフォーク、ニューミュージックの持っていた空気と同質のものがあるように思えて、聴いてて親近感があります。
繰り返し聴くと、たとえば ♪春の風 の言葉の爽やかな真っ直ぐさは深く沁みてきます。
透明感があってあたたかなこの声とうたを穏やかに支える生音中心で淡いアレンジも心地いい響きで、やはり大好きなタイプ。
何度聴いても飽きません。

<曲目list>
01.新しい私になって
02.春の風
03.七月の友だち
04.最期の羅針盤
05.君まではあともう少し
06.幽霊船に乗って
07.月の傷
08.0号
09.一等星
10.朝日の誓い
11.水に恋をする
12.ひみつ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。