So-net無料ブログ作成

「魍魎の匣」 [cinema]

魍魎の匣 スタンダード・エディション

魍魎の匣 スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD

2007年大晦日のハシゴ、もう1本はこれです。
幾つか観ておきたかった作品の中で上映時間の関係から選んだ2本なんですが、たまたま主演はどちらも堤真一氏で、しかも両方とも前作が同じ配役を演じてて今回は再登場っていう作品でした。その上、この二つで演じているキャラクターはかなりかけ離れています。
三丁目の夕日」では基本的な配役が全てそのまま継続だったのに、こちらは「姑獲鳥の夏」とは一人だけ違って、関口役が前作での永瀬正敏氏から椎名桔平氏に変わりました。この変更はかなり大きいはずです。自分はまだ原作小説を読んでいないので人物像に明確な意見がある訳じゃないんですが、ただ単純に考えてみても他の主要キャストがそのまま変更せずに残っているだけに、なんかちょっと残念です。永瀬氏が俳優として好きなのもあります。ただ、椎名桔平氏は今回このエピソードで堤さんや阿部さんなど結構丁々発止になるアンサンブルの中にごく自然に参加している具合があって、それはそれとしてちっとも悪く無かったです。だけど(しつこい・・・・)、前作の永瀬氏のナイーブな関口も前作では素直にはまっていたと思います。
それにしても、かなり物語が進むまで京極堂さんがなかなか登場しないこの脚本構成は映画オリジナルらしく、その演出は見事でした。堤さん、憑き物落としに立ち向かう件が何しろ最高です。原田眞人監督らしい妥協の無い描写の仕方やロケーションのミクスチャー感覚がかなりユニークで印象深かったです。ちょっと岩井監督の「スワロウテイル」のような趣のある風景が独特の空気で。クライマックスで登場する柄本明さんも、まさにこういう怪しい役がぴったりでよかったです。


タグ:cinema
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。