So-net無料ブログ作成

「アンフェア the movie」 [cinema]

アンフェア the movie [DVD]

アンフェア the movie [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

3本ハシゴしたうちのもう1本、これは幕張シネプレックスのメンバーカードでポイントがたまり無料で鑑賞になりました。
やはり一般で1800円という料金は高いと思うし、割引はなるべく利用したいところです。
TV放映が盛り上がった作品をスペシャルを前置きとして制作して映画化というパターンはこれまで幾つもありましたが、やはりそういうシリーズの宿命で、TVシリーズの出来が素晴らしかったものほど映画でスケールアップしたからといってクオリティに満足できるかと言うと厳しいことになります。この作品でもかなりキャラクターとして魅力的だった雪平の相棒=安藤の不在を埋めるという高すぎるハードルは越えられなかったのが残念です(もちろん、その一点だけで作品の評価はできませんが)。
この前提というか、橋渡しのためのスペシャル「コードブレーキング・暗号解読」はむしろコンパクトに展開する脚本も、本編では解決していなかった夏見の父の死に関するエピソードというシリーズを通しても重要な要素を見せていく内容も決着を付けていて、ある意味もう落ち着きどころは全部終わってしまっていたので、どうしても映画版はエピソードとしても蛇足なように思えてしまい、手放しで盛り上がれませんでした。椎名桔平氏も成宮寛貴くんも贅沢な配役だし、・・・・と、ふと考えたのが、もしかしたら、TVは観ていなくても楽しめるようにするためにこうなったのか、と、余計な発想が浮かんだりして、結果、少し物足りなさを感じてしまいました。
娯楽作品として、しっかり作られているのに・・・・・あ、でも、タダで鑑賞してる自分のスタンスが感想をこうして不満で固めてる姿勢がアンフェアってことなのかも。どう言ってもこの人間味のあるキャラクターが魅力的な作品世界が大好きだし、予想通りに展開しないスタンスを貫いている演出の軸はぶれないし、しっかり自分の目で完結編であるはずのこの映画版を観ておけてよかったとは思ってるし(って、なんだかちと妙な納得の仕方)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。