So-net無料ブログ作成

DEAD POETS SOCIETY/いまを生きる [notes of cinema]

いまを生きる

いまを生きる

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: DVD

記憶違いじゃなければ、自分にとってはロビン・ウィリアムス主演の作品を初めて観たのがこれです。
ロバート・ショーン・レナードもイーサン・ホークもまだ無名でした。かなりポジティブな邦題にはないイメージが原題にあって、作品はその相反する要素が渾然一体になって、どちらも含まれてる気がします。それこそが思春期の側面でもあるし、アイリッシュっぽい音楽も独特の効果があり、アメリカが舞台であるのに、欧風な佇まいがある作品の雰囲気が好きです。

サイトのへリンクはこちらから


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。