So-net無料ブログ作成

THE LIVE goes on 7:Preservation Society/THE SUZUKI [music]

Preservation Society

Preservation Society

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/01/27
  • メディア: DVD


確認したらリリースは1月でしたが、つい最近津田沼PARCO内の山野楽器で発見して、購入し鑑賞しました。
2006年の今年はmoonriders結成30周年。関連作品がCDでいくつも登場しているのが秋以降になってからで、タイミングとしても気分も盛り上がってきたから見つけたのかもしれませんがメンバーの中の2人、鈴木慶一・博文兄弟のこのユニットはお互いのソロで発表されている作品とも活動母体であるムーンライダーズとも若干違うイメージがあって、羽田発っていう視点が特に言葉の面で強調されている印象です。
LIVE映像はほぼ全編53分10曲のうち9曲がモノクロームでステージは客席の中央に外に向いて演奏する4人が座るけっこう変わったスタイル。ちょっと粒子が粗くなっている映像でもあって、最初からしばらく、ほとんど顔がわからない状態にしか見えないまま(これはもちろん実際にその場に居たらそんなことはないんでしょうが)、構わず淡々と演奏は進むし、その無愛想な雰囲気がなかなかいい秘密めいた味わいになって惹きこまれてしまいます。
いよいよ来週には映画版ムーンライダーズが公開開始です。このDVDを見ていっそう待ち遠しくなりました。


<曲目list>
1932年オリザバ号
ROMEO, JULIET & FRANKENSTEIN Ⅰ
高架線上の魔人たち
悲しい午後
花咲く乙女よ穴を掘れ
燃え尽きた家
Blue Colored Woman
銅線の男~温和な労働者と便利な発電所
朝日のない街~温和な労働者と便利な発電所
Brand new Tenessee Williams
appears to celebrate Christmas


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。