So-net無料ブログ作成

「ラフ」 [cinema]

ラフ スペシャル・エディション

ラフ スペシャル・エディション

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2007/03/23
  • メディア: DVD


あだち充原作の実写作品、「タッチ」を観ているしやはり気になって鑑賞してきました。
「タッチ」は犬童一心監督、今回は大谷健太郎監督です。
犬童監督作品は「金髪の草原」から「死に花」、「ジョゼと虎と魚たち」、「メゾン・ド・ヒミコ」と結構観ていて、大谷監督も前作の「NANA」、そしてビデオで「とらばいゆ」、「約三十の嘘」と思った以上に観ていたのに改めて気づきました。
ヒロインを同じ長澤まさみさんが演じているし、イメージとしてかなり共通していくだろうと思っていましたが、単に撮影時期が1年以上すでに隔てられているだけで、彼女の表現する女の子は性格付けとか以前にもう別のキャラクターになって見えました。髪形が違うとか設定が異なってるとかではなく、俳優としての経験が大きいんだろうと思います。対する速水もこみちくん、原作に比べてずっと男前だしイメージは違うはずなのに、飄々と登場する最初からあだち充ワールドをうまく体現してて、かなり意外な印象でした。明らかに偏見として先入観が出来上がっていたわけですが、この二人の距離感やちょっとした呼吸がなかなか的を得ていて自分には心地よいテンポでした。
「NANA」にしてもマンガ原作を実写映像にうまく翻訳できてて、この大谷監督のディレクションは個人的に好きだなと思いました。監督のプロフィールを確認したら自分と同年代で、ちょっと納得。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。