So-net無料ブログ作成

「ユナイテッド93」 [cinema]

ユナイテッド93

ユナイテッド93

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2006/11/30
  • メディア: DVD


1日の1000円割引デーを利用して観てきました。
なんとか上映時間としては2本、続けて鑑賞することが可能な時間に映画館に到着でき、まず1本目がこれです。

ドキュメンタリー・タッチで硬質。
ラヴェルの「ボレロ」のように一気に突き進み砕けるかのような圧倒的なクライマックスに、悲しみがあふれるエンドロールの穏やかさ。
その日起こった事実をベースに入念にリサーチして臨んだ撮影は、特に旅客機内での出来事に関しては意外にも即興的な台詞によって構成されているというのが驚きでしたが、そのディレクションでしか描けないリアルはやはりあるようです。
航空管制センター、ボストン管制センター、防空指令センターと確定的ではない錯綜する情報に混乱し、なすすべもなくハイジャックと自爆テロが実行される様は、待ったなしの状況でマニュアルが無力化していく恐怖でいっぱいで、複雑すぎる組織の脆さを感じずにはいられませんでした。その映像が伝えるメッセージは様々な複雑な意味が見て取れると思います。自分は、この緊急事態に「華氏911」で描かれていた大統領の表情が頭に浮かんで離れませんでした。
極限の状況下で決死でハイジャッカーに立ち向かった無名の市民たちは、いったい何の犠牲になったんだろうと、かなりやるせない気持ちになります。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 4

minku~♪

くおいるさんの感想(気持ち)に激しく同意です!
エアフォースワンはさっさと飛び立ったのに、司令はどうなってるのよ!
と腹が立ってしかたありませんでした。
そしてくおいるさんと同じ様に「華氏911」のあのゴルフ三昧のまぬけ面を思いだしてしまいました(>.<)
今年観た、「シリアナ」「ミュンヘン」「ユナイテッド93」米の上層階級を嫌いにならずには居られません。。。
最後まで闘って犠牲になった民間人に、心から謝って欲しいと思いました。
by minku~♪ (2006-09-03 00:04) 

cs

minku~♪さん>
早速のコメント、どうもありがとうございました。
minkuさんも同じタイミングでご覧になっていたのを知り、なんか嬉しいです。
感覚として、自分もminkuさんも近いものを作品からやはり受け止めたんですね。
監督だけじゃなくスタッフ全員、それからご自身を演じた人も含めた出演者全員、この作品が目指すべきビジョンはとても明確で、それゆえ湧き上がってくる気持ちはどうしても穏やかではいられません。
そんな中、最後に映像が暗転して聞こえてくるかすかな声のコーラスは、でも静かな祈りに思えました。
その決して映像以上にでしゃばらないけど心を伝える音楽は「アイ・アム・サム」も担当したジョン・パウエルのスコアでした。
絶望と怒りは連鎖させるべきではなく、断ち切るべきです。
その後を生きる一人として、責任のある人がただとるべき責任をとっていく社会に変わってほしいと心から願います。
by cs (2006-09-03 00:26) 

minku~♪

そうそう^^
ラストの曲素敵でしたよね~
私も「あ!ジョン・パウエルだ!」と思いましたw
「アイアム・サム」のスコア版までお互い買ってますもんねw
by minku~♪ (2006-09-03 03:29) 

cs

minku~♪さん>
また新しくコメントをどうもありがとうございました。
そうなんですよね。
あの「アイ・アム・サム」オリジナルスコア版のサントラがお気に入りで、今回もついそこに食いついてしまいました。
衝撃のまま終わるんじゃなく、あのエンドロールがあって成立してる部分っていうのを、やっぱり強調しておきたいかなと思いました。その意味で大きく貢献しているのがジョン・パウエルのスコアですよね。
by cs (2006-09-03 14:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。