So-net無料ブログ作成

「ハチミツとクローバー」 [cinema]

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2007/01/12
  • メディア: DVD


まだ先週のハシゴの続きです。
たまたまですが、この日観た4本とも別に原作があるものばかりでした。
不勉強な自分はこの原作マンガは読んだことがありませんでした。
先にアニメ化されていて、あえて実写映画化というのは多分賛否両論だったんでしょう。
でも、このキャスティングは日本映画ファンとしては嬉しい限り。
堺雅人さんのなんとも柔らかい包容力も、西田尚美さんのちょっと翳りがあってでも凛としている静けさもそれぞれ魅力的だし、主演の5人がまた、伸び伸びしてて自分にはリアルに見えました。
蒼井優さん関めぐみさんの並んだときの感じ、伊勢谷くんのまんまモラトリアムで尖ってて多分意図してないはずだけど結果かき乱しちゃうポジション、そして加瀬亮くんの冷静に見えて苦悩が多くてそれゆえコミカルだったりもする不器用さ、櫻井くんの城オタクぶりひとつとっても真っ直ぐで全力少年なキャラクターも本当にそれぞれ魅力的で素敵でした。
蒼井優さんのあの声、普段これまでの出演作ではまず聞いたことがなかったトーンで、その繊細でアンバランスで芯は強い雰囲気、関めぐみさんのストレートで思いがそのまま伝わってくる誰よりも乙女な部分、これも印象深かったです。
で、喫茶店「風待ち通り」マスター役で登場の利重剛監督がまた、個人的にはツボでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。