So-net無料ブログ作成

PLUTO:003/手塚治虫×浦沢直樹 [マンガのこと]

PLUTO 3―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (3)

PLUTO 3―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (3)

  • 作者: 浦沢 直樹, 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/03/30
  • メディア: コミック


連載をきちんと追いかけている訳ではないので、急に3巻目が出たことを知り、早速読んでます。
で、前がどうだったかすっかり忘れてるので、また1巻から読み返しました。
1巻のラストでアトムがやっと登場、そして2巻のやはり最後にウランも登場だったんですね。ほんとにこの作品では脇になっちゃってるんで、これまでの印象もほとんどなく、しかし物語の全貌(特にプルートゥ)が次第に明確になってくるにつれアトムもウランも生き生きし始めてます(それが本来の姿だけど)。この2人(2体というにはあまりに人間らしい)の関係性が物語展開の中心になってきて、いよいよ面白いです。
それにしてもウランのキャラクターは、すっかり浦沢キャラですね。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マンガ・アニメ(旧テーマ)

nice! 1

コメント 4

逢坂れっど軍曹

浦沢直樹の「マスターキートン」は熱心に読んでいたのですが、「モンスター」あたりからあまり読んでません。プルートー、漫画喫茶においてあるかなあ。
by 逢坂れっど軍曹 (2006-04-06 19:32) 

cs

れっど軍曹さん>
コメントどうもありがとうございます。
「マスターキートン」は面白かったですね。「パイナップル・アーミー」も好きでした。「モンスター」は・・・・長いんですよね。面白いんだけど、なんだか引っ張りすぎてる印象になっちゃって、後半読んでて、途中はもうすっかり忘れちゃったりしてました。ああいうのは一気に読まないと展開がわからなくなっちゃいますね。「プルートゥ」(読み方としてはこういうみたいです)はどんどん先へ進む感じがして、結構盛り上がれます(あ、でも、3巻目にして読み返してる・・・・・)。
漫画喫茶に、きっとあるんじゃないですかね。
by cs (2006-04-06 22:40) 

くみみん

こんばんは。浦沢直樹さんのまんが、好きです。
「20世紀少年」「プルートウ」はまっています。「プルートウ」はいよいよ
ストーリーが始まったって感じですね!ウランちゃんは心なしかYAWARA
ちゃんに似ていますね。
by くみみん (2006-04-07 21:51) 

cs

kumiminさん>
niceとコメント、どうもありがとうございます。
浦沢直樹さんの描く人物って、なんとも顔つきが物語ってる感じがあってリアルですよね。ストーリーに惹きこまれる要素の大事なひとつだと思います。
「20世紀少年」もだんだん大詰めに近づいてきてますね。結末が楽しみです。
確かに「プルートゥ」は、やっと準備段階の紹介が終わってこれからっていうところですね。3巻目で、いよいよです。自分も随分はまってきました。ウラン=YAWARAかぁ・・・・そう言われてみれば、きりっとしてて、似てるかも。
by cs (2006-04-08 00:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。