So-net無料ブログ作成

「THE 有頂天ホテル」 [cinema]

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2006/08/11
  • メディア: DVD

土曜から公開が始まったんですが、日曜に早速、観てきました。
三谷幸喜氏、脚本と監督もこれでもう3作目。題材といい、時間軸どおりに進行する脚本構成といい、これまでの監督作の中でいちばん楽しみつつ緻密に随所に凝りまくりながら得意分野で書き上げたというタイプの作品のような気がします。
配役はそのものずばり“グランド・ホテル形式”であるから、その設定もそのまま生かして共演が奇跡のように実現した多彩な顔ぶれがまた独特のキャラクターで縦横無尽に登場してくる豪華さがまず凄いんですが、そのことが全くこれ見よがしではなく作品世界にブレンドされていてギャグとしてではなく、ほんのり漂うようなこみ上げる可笑しさがあちこちにありました。まあ、ギャグでしかない場面も盛りだくさんですけど。役所さん演じる副支配人がついスピーチしてしまうその台詞の余りに無意味なこととか、こういうのは大好きなネタです。戸田恵子さん、今回はひたすら縁の下の力持ちとして、でも実はそういうポジションであるから、結構出ずっぱりなんですが、一貫して品があって素敵でした。一人一人挙げていくときりがないほど、ネタ満載で楽しめます。多分あと何度か観ても発見が随所にありそうな、でも物語としては実にすっきりまとまっていて、気持ちよく幕を閉じる名人芸が堪能できました。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 3

くみみん

こんにちは。明日観にいきますよ。楽しみです。今年初映画鑑賞です。
by くみみん (2006-01-17 19:25) 

ちづ

私も水曜観にいきます!楽しみ!
by ちづ (2006-01-17 23:01) 

cs

kumiminさん>
コメント&nice どうもありがとうございました。こちらのレスが遅れているので、もうご覧になってますね。いかがだったでしょう?これが年明け1本目って、なかなかハッピーな感じでいいですね。いや、「東京ゾンビ」は自分は納得なんですけど・・・って、なぜ言い訳してるんだろう。

ちづさん>
水曜ってことは、レディス・デーで割引ですね。なぜか男性割引っていうのが全然ないんで、こちらは主にレイト・ショーだったり毎月1日の映画の日狙いなんです。あとでupされた感想を見させてもらいにいきます。
by cs (2006-01-19 18:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。