So-net無料ブログ作成

「大停電の夜に」 [cinema]

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2006/05/12
  • メディア: DVD


これはクリスマスにまつわるお話なのですが、タイミングが合わず、年末に見過ごしてしまっていました(ほとんどの上映館の公開が12月22日には終わってしまうという予想外のことで)。なので、まだ上映のある場所を改めて見つけて早速、終わる前に観てきました。
クリスマスイブの夜から朝に、都会の別々の場所で暮らす人々が過ごした停電という特別な時間。その状況だからこそ目を凝らしてしっかり見ることのできる暖かな光や、同じように温もりのある暗闇があって、喧騒の中では見過ごしてしまっていたかもしれない奇跡のような出来事がちゃんと手ごたえを持ってそこに在る。とても丁寧に選ばれたリアルな言葉が重なる脚本が本当に素敵でした。本当に魅力的なキャストが集結して群像劇を進めていくんですが、中でも田口トモロヲ氏はちょっとずつそれぞれの出来事に絡んでいたり地味に大活躍するっていう結構不思議な役回り。特に淡島千景さんとのクライマックスは心に染みました。全体を通して印象深く響く「My Foolish Heart」は、「Bill Evans Trio/Waltz for Debby」というお気に入りの1枚の最初を飾る曲でもあります。この作品で効果的に使われているので、本当に至福の時間を過ごせました。
これは出会えてよかった1本です。

(サントラ盤についての記事はこちら)

Waltz for Debby

Waltz for Debby

  • アーティスト: Bill Evans Trio
  • 出版社/メーカー: APO
  • 発売日: 2002/06/11
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

smile-moon

ドモドモ。
ビル・エバンスはいいですよね!
私も大好きです!
マイルスは激しい音楽ですけど、エバンスは優しかったり、悲しい音楽ですよね!
by smile-moon (2006-01-17 09:07) 

cs

smile-moonさん>
コメントどうもありがとうございます。いいですよね、ビル・エバンス。
といっても、自分もそれほど詳しい訳でもないんですが、「Waltz for Debby」はお気に入りです。このレコードの話が「ノルウェイの森」に出てくるんですよね。実は最初に小説を読んだときにはまだこの音楽を聴いたことがなくて覚えていませんでしたが、読み返したときにやっと気づきました。
マイルスは孤高の音楽という印象です。幅広く柔軟に色々なミュージシャンとコラボレートしていますが勝手なイメージで気むずかしそうと思ってしまっています。エバンスはよくリリカルとか表現されてますよね。ちょっと幽玄の世界というか、独特です。大好きです。
by cs (2006-01-19 18:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。