So-net無料ブログ作成

「この胸いっぱいの愛を」 [cinema]

「黄泉がえり」スタッフ、再集結な作品なんですねこれは。そういう比較が妥当なのかどうか…。
ある意味でもちろん色々共通項は見つかるし、イメージはしやすいんですけど、先入観があるほうがいいのか、それともないほうがいいのか悩むところでもあります。
こちらのほうが原作小説はずっと以前に書かれたものらしいです。物語の軸となるヒロ役の二人、伊藤英明氏と富岡涼くん。この対比がなんともいいです。ちょっと(いや、かなり)だるそうなミムラ=和美おねえちゃんがまた独特である意味でとても人間くさいし。
ふたりのカンクローだった宮藤官九郎氏と現・勘三郎さん。このエピソードが予告で感じたよりずっとずっとあっさりした扱いだったのはしょうがないんですかね…でも、これは長く引っ張るにはネタそのものが無理だったかも。
「黄泉がえり」よりも前に書かれたという原作小説もできたら読んでみたいと思います。

新編クロノス・ジョウンターの伝説

新編クロノス・ジョウンターの伝説

  • 作者: 梶尾 真治
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本

この胸いっぱいの愛を プレミアム・エディション

この胸いっぱいの愛を プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/04/21
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。