So-net無料ブログ作成

「姑獲鳥の夏」 [cinema]

姑獲鳥の夏 京極堂BOX (完全限定生産)

姑獲鳥の夏 京極堂BOX (完全限定生産)

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: DVD


京極堂「この世には不思議なことなど何もないのだよ、関口君。

…つい、この台詞は一度は使いたくなってしまうんですね。
堤真一氏の演じる京極堂=中禅寺秋彦のキャラクターがまず、なんとも魅力的ですね。原作小説を読んでさえいない自分は、映画化によるそのイメージがそのままピッタリ符合しました。納得の配役、そしてとんでもないボリュームの台詞を(現場ではどうなのかはともかく)涼しい顔でたたみかける声の説得力の心地よさ。“憑物落とし”っていう方法での謎解きの提示も、「陰陽師」とはまた違う、“妖怪・姑獲鳥の退治”と言いながら科学的、論理的に解き明かしていく意外性も、初めて観る新鮮さがありました。厭世的ではないけど、どこか超然としている表情はやっぱり比較してしまう「陰陽師」での安部清明役=野村萬斎氏ともやはり共通項があるようにも思えるし、でもそれぞれまた異なる表現方法でユニークだし、もしこのシリーズがまだ製作されるならキャスティングはこのままにして欲しいと個人的には思います。
そして関口役=永瀬正敏氏。こういう振り回され役がまた、巧いんですね、語り部として観客の視点を与える登場人物で主役でありながら、少し引いたポジション(でも明らかに事件の重要な部分)。やはりこの先、別の物語でキャラクターの中の違った側面を見せて欲しいと思います。
そして榎木津役=阿部寛氏登場で、雰囲気は一気に「トリック」に…ならないか、それは。当然、山田=仲間由紀恵は登場しません。この配役も魅力的だったんですが、探偵事務所に居る使用人が荒川良々っていうのも、まだ色んな遊びが出来そうなパート。それから京極堂の妹役・中禅寺敦子=田中麗奈さんもあえて男勝りなスタイルがキュートで爽やかだし、いしだあゆみさんの狂気を含んだ佇まいも凄かったし、二役挑戦で重要なポジションの原田知世さんもかつてない配役でありながら気品溢れる説得力でよかったし、松尾スズキ氏はただもう出てるだけで個人的に嬉しがってしまうし…実相寺監督のこだわりのセット他、触れるべき部分がまだ沢山ありそうですがひとまずこのへんで一旦結んでおきましょう。
これ、でも多分、賛否両論なんでしょうね。そういう作品に出会えるのは大好きでもありますが。

文庫版 姑獲鳥の夏

文庫版 姑獲鳥の夏

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/09
  • メディア: 文庫


姑獲鳥の夏PerfectBook

姑獲鳥の夏PerfectBook

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2005/07/07
  • メディア: ムック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。