So-net無料ブログ作成

「電車男」 [cinema]

電車男 スペシャル・エディション

電車男 スペシャル・エディション

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2005/12/09
  • メディア: DVD


周囲で聞こえてくる評判がなかなかよいこの作品、すでにTVドラマまでスタートしているタイミングですが、観てきました。津田沼PARCOの中にあるシネパーク、ここでは毎週水曜が1000円という素敵なサービス。キャパもスクリーンも規模は小さいですが地元の映画館ということで、作品によって利用させてもらっています。
この作品の原作は読んでいませんがヤングサンデーに連載されているマンガ化されたものは読んでいたので、途中までの展開は知っていました。映画化脚本ではあえてネット住人を匿名性からはずしてキャラクターのそれぞれが際立った存在として描かれているのが印象に残りました。佐々木蔵之介氏+木村多江さんの二人の登場がひとつ映画独自のあたたかなエピソード。本来の実話である部分から離れて、なんてことないんだけど、実際にこういう展開があってもいいよなと思えるリアルな説得力があって個人的には支持したい脚本部分。もっと私的な部分では、メガネの国仲涼子さん。スウィング・ガールズの関口=本仮屋ユイカさんと双璧ですね(何がって、いや、それは…)。主演のお二人、山田孝之くん(と、やっぱり呼んでしまいます)に中谷美紀さんのなんとも柔らかい空気感。途中で暗転する場面(心情的にで、画面が暗くなるんじゃないですが)からポジティブに一気に高揚していくシーン、そしてラストに爽やかな締めくくりを迎えるとき、この二人の姿を共感しながら観てきた満足感に浸れました。始めだけ見ると無理にコミカルにあの秋葉系スタイルを作っているように見えたのがまるで嘘のように、自然な「電車男と名づけられたごくふつうの青年」と「透明感のあるお嬢様=エルメス」のリアリティを醸していて、その二人のピュアな表情が本当に生き生きして見えました。スクリーンで映えるような映画的な撮り方を観られるわけじゃないかもしれませんが、ちょっとした部分に色や文字が加工してあったり、丁寧に製作されている細かい工夫を発見するのは愉しかったです。

電車男

電車男

  • 作者: 中野 独人
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。