So-net無料ブログ作成
検索選択

リップヴァンウィンクルの花嫁 / 岩井俊二 [本のこと。]


リップヴァンウィンクルの花嫁

リップヴァンウィンクルの花嫁



普段よく立ち寄る津田沼駅前の書店で、ふと見かけたのは確か冬。
その時点で、この作品が映画になるのかどうか(きっと映画になるだろうけど、あくまで企画原案みたいなものかも)、公開がいつなのかは不明でしたが、読んでおきたくなり、手にとりました。
途中まで読んでいて、映画を観てから読み終えたので、たぶんその影響が随分あったと思います。
小説では基本的に主人公である七海の主観で描かれている部分もあって、その視点では見過ごしているはずの様々な事象も映画としてははっきりと映っています。
逆に、小説の中でこそ、七海の目に映る真白への思いのまっすぐさもより純度の高いものとして感じられたりもします。
もともと、岩井俊二監督の作品に文学の雰囲気が含まれているんですが、文章に置き換わることで感じ取れる部分はまた少しニュアンスが変わっていたりするのが面白いです。
過去に「Love Letter」や「スワロウテイル」を小説として読んだ時以上に、今回は映画の配役がキャラクターそのものに重なって見えました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。