So-net無料ブログ作成
検索選択

アフターダーク / 村上春樹 [本のこと。]


アフターダーク (講談社文庫)

アフターダーク (講談社文庫)



ある程度のボリュームの長編小説とその次の作品は、このところ順番に発表されている形で、「カフカ」と「1Q84」の間に存在するのがこの風変わりな小説でした。
いわゆる短編作品以外で、ここまで実験色の濃いものはかなり珍しいです。
主人公にあたる姉妹をその世界の外にある視点から観察して描写していくまま、まさかラストまで行く作品になるとは最初に読んだ時には意外で、読み終えて戸惑いました。
作品の気配に漂っている不穏な感じは「カフカ」とも「1Q84」ともつながっているのかもしれません。今のところの最新刊である「多崎つくる」ではまた、異なる地平に立ち始めているみたいで、改めて読み返してみて、この作品の立ち位置みたいなものを考えたりするのが面白かったです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。