So-net無料ブログ作成
検索選択

ランクA病院の愉悦 / 海堂尊 [本のこと。]


ランクA病院の愉悦 (新潮文庫)

ランクA病院の愉悦 (新潮文庫)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/05/28
  • メディア: 文庫


ちょっと久々に文庫化の海堂さんの新作、単行本として出版された時点では「ガンコロリン」でした。
この文庫を手にとるまで内容を知らなかったんですが、「玉村警部補」に続く短編集なのでした。
その中の表題作が最初は「ガンコロリン」、そして文庫化にあたり「ランクA病院の愉悦」と変更、このあたりの事情はもしかしたらどこかで著者に語られるかもしれない真相みたいなものがあるかもしれない、と勝手に想像しています。
今回の中に含まれるそれぞれのエピソードは、特にこの表題作になっている2つの作品で、星新一さんのショートシートのテイストになんだか親和性があるように思えていて、ひとつには想像してみた少し先の未来の社会を描いていて(海堂さんの場合、その想像が半分は的中してほしくないんだけど、十分現実味がありそう)、風刺とブラックユーモア、毒がある作品だなぁと感じました。このあたりのエピソードについては、これまでの長編作品との関連はあまりありません。
そして他の作品群の中では、「ブラックペアン」と「バチスタ」をつなぐあのエピソードが描かれていた一編が個人的には好きでした。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る