So-net無料ブログ作成
検索選択

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 [cinema]




12/31(木)に観てきました。
10/18以来、こんなに映画館がご無沙汰になってしまっていたのは、ほんとに自分でもちょっと情けなくなりました。
身体の調子がとても悪かったとか、あまりに忙しすぎたとか、それ以前に比べて極端に何かが変わった記憶もあまりないのに・・・。
それにしても、まさかエピソード7が登場するなんて、思っていなかったんで、観ていながらもちょっと不思議な感覚でした。その上、映像のそこかしこにどんどん出てくる既視感たっぷりな描写。もちろんそこは狙い通りでしょうけど、サービス満点です。

今回の若き主人公、その一人がまず女性となっていて、彼女の成長が中心に描かれているのが新鮮でした。そのリン役、オーディションにより選ばれたもぼ無名のデイジ・リドリーは間違いなく本作出演でまるで作品世界の中のように現実の人生も大きく変転しました。副題に「フォースの覚醒」となっており、彼女の出演がこれで終わりということではない以上、注目は今後も当然続いていきます。ワイルドさと繊細さを併せ持つキャラクターがぴったりで、今後がやはり楽しみです。
旧エピソードにかかわるキャラクターたちの登場が気になるところでしたが、ミレニアムファルコン号が出てくるんだから、やはり彼らは物語に絡んでくるんだろうとは思っていましたが、後半に登場する人物については驚きでした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る