So-net無料ブログ作成
検索選択

「ジャージー・ボーイズ」 [cinema]

10/29(水)に観てきました。
京成Rosaでのメンバーズカードを先日更新して、その特典で招待券をもらえてたんですが、この期限が10月末日まででした。更新した時はまだ余裕があると思ってて、気づいたらもう週末では間に合わないという状況。でも、無駄にはしたくなかったし、せっかくだから見ごたえのあるものをと、レイトショーでも上映時間があったこの作品を選びました。
イーストウッド監督の作品は結構好きで、近年の作品は「J・エドガー」を除いてほぼ映画館で観てこれていたので、ちょっと楽しみでした。
この作品がオリジナルではブロードウェイでロングラン上演されていた舞台のものだったとは、少し意外でもありました。改めて聴いてみたら曲自体は知っていたけど、その存在はあまり自分は身近には感じていなかったザ・フォーシーズンズというグループの実話に基づく物語で、劇中登場する彼らのヒット曲が披露されるだけでもう極上のエンターテイメントでした。そこには音楽に深い愛情のあるイーストウッド監督らしいさりげなくもしゃれたセンスも加わってのことで、またグループの中心人物であるフランキーヴァリの人生のドラマの描き方も、やはりイーストウッド印という感じがしました。栄光とその後に訪れる挫折、深い悲しみという部分で「ミリオンダラー・ベイビー」との共通点を勝手に感じていました。
劇中登場する音楽・歌も、カメラの前でキャストが実際に歌い演奏するというスタイルもよりドキュメンタリーの質感が加わっていて迫力があってよかったです。
舞台版でも初演のオリジナル・キャストを演じていたフランキー・ヴァリ役のジョン・ロイド・ヤングの伸びやかな歌声も素晴らしかったです。
そしてジップ・デカルロを演じたクリストファー・ウォーケンの重厚な中に人情味があふれる存在感も実に印象的でした。

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: ボブ・ゴーディオ,ボブ・フェルドマン,ボブ・クリュー,デニー・ランデル,クリュー
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2014/09/10
  • メディア: CD


劇中でも一番いい場面で流れる「君の瞳に恋してる」のこのサントラのアレンジ、大好きです。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 2

non_0101

いい映画でしたね~
久々に映画を観終った時に、ブルーレイが発売になったら買いたいと思いました。
想いのこもった歌に泣かされました~♪
by non_0101 (2014-12-07 23:10) 

cs

nonさん、niceとコメントどうもありがとうございました。
もうこのタイミングではスクリーンでは観る事が出来ませんが、
今頃の寒さが厳しい時期に観て心から暖まれる作品ですね。
見終えたあとの余韻という点では、同じイーストウッド監督作では「ヒア・アフター」も近いかなとふと思いました。
それにしても、ほんと歌声が何よりいいですね。
by cs (2014-12-11 07:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る