So-net無料ブログ作成

「るろうに剣心 京都大火編」 [cinema]

8/1(金)に観てきました。
漫画原作の実写映画化、これが続編なんですが、そのスケールから2部構成になってて、こちらは前編ということに。
大友啓史監督の描くこの世界観は、ほぼ前作のこだわり同様に、スケールアップして展開されているし、自分は原作のイメージを持たないんですが、大河ドラマ「龍馬伝」に通じる絶妙な配役のマッチングは今回も感じました。まあそのせいで、つい龍馬伝での人物像と重ねて考えちゃうんですが、それがこの作品を味わう邪魔にはなってないんで逆に楽しみにしました。
斬新で迫力のある殺陣を含めたアクション、美術の圧倒的な存在感も説得力十分で実にエネルギッシュでしたが、とにかく剣心をはじめとするキャラクターはやはりとても魅力的で、前作から引き続き登場してる中では斉藤一の独自の立ち位置が今回特にかっこよかったです。蒼紫というアウトローなキャラクターも伊勢谷氏にぴったりだったし、翁/柏崎念至役の田中泯さんとの対立、それにやはりいちばんのサプライズはラストに登場の彼・・・前者は吉田東洋と高杉晋作が剣を交えてるみたいに思えちゃうし、ラストは傷ついた以蔵を○○が連れて帰る・・・ってことは、あの浜辺は桂浜なのか?みたいな、もちろん役の設定が違うんだからそういうことじゃないんだけど、勝手に結びつけちゃって面白がってました。
それと、これはどなたかが指摘していた部分ではあるんですが、今回の作品の世界観のイメージはどこか「ダークナイト」に通じるものが自分にもちょっと感じられました。明言はされてなかったと思うんですが、監督はもしや頭の片隅にでも意識しているのもあったんでしょうか。
少なくとも、過去の日本映画では観たことがなかったような世界観の新たな地平を切り拓いた作品になっていると思えます。後編となる次作が楽しみです。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 4

みっちゃん

剣心くまモンストラップ付き前売券をくまモン可愛さに購入しましたが、まだ見に行けてません。
ますます楽しみになりました!

by みっちゃん (2014-08-10 09:30) 

non_0101

こんにちは。
面白かったですね~ どれだけ期待していっても大丈夫な作品でした(^^ゞ
次作も楽しみに待ってます☆
by non_0101 (2014-08-10 10:22) 

cs

みっちゃんさん、niceとコメントありがとうございました。
自分はこれを1000円で観に行けたんですが、通常料金払っても観て損はない満足度の高い作品になってると思います。
次作の公開が9月で、たぶん一緒に上映してる時期もあるはずなので、一気に観るのもありかもしれません。実際、それでがまんしてまだ行ってないという人もいますね。
by cs (2014-08-10 12:54) 

cs

nonさん、niceとコメントどうもありがとうございます。
前作であれだけヒットしてるんで、かなりハードルが上がってるのに、それを軽く超えて新しい映像を届けてくれました。
期待はほんとに大きかったのに、それのさらに上を行く内容でしたね。
次が公開されるのはまだちょっと先ですが、ほんとに待ち遠しいです。
by cs (2014-08-11 14:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。